サイト概要

WebSite Factoryのサイトの概要をまとめました。

WebSite Factoryの設立

WebSite Factory(ウェブサイトファクトリー)は、WEB制作代行業を行うために創立されました。

WebSite Factory公式サイトの概要

WebSite Factoryの公式サイトは、WordPressやWix、HTML・CSSなど、ホームページ制作に関する情報を一挙にまとめたポータルメディアを目指してアップデートされていました。ホームページ制作は、ホームページを単に開設すればよいわけではなく、用途に合わせて適切に行う必要があります。当サイトは、起業して事業を始めた時に必要となるホームページを想定していたため、起業に関するブログや、起業時に必要なOA機器等をサイトで取り上げていくことにしました。

現在のサービス内容

もともとはランディングページを作り、Googleの広告にランデングページを載せることで集客し、売上を立てていましたが、アフィリエイトメディアとしてWebSite Factory公式サイトを運用していくことに決め、現在では「WEB制作」「ガジェット」「起業」の3点に関するアフィリエイトメディアがWebSite Factoryの主なサービスになっています。

ウェブサイトインダストリーズとの違い

当サイト(ウェブサイトファクトリー)と、「ウェブサイトインダストリーズ」は同一の管理者が運営を行っています。ウェブサイトファクトリーは、もともと管理人の思い付き同然で屋号が決定されたため、ほとんど臨時に近い形で屋号を使用していました。まず、「ウェブサイトファクトリー」という屋号には致命的な欠点があります。それは、日本以外の国でもこの屋号が使われているということです。具体的な国としては、アメリカ合衆国、オランダ、シンガポールなど、様々な国でそれぞれ異なる運営団体が「ウェブサイトファクトリー」を自称し、営利活動を行っています。これは本当に致命的な欠点で、例えば日本で「ウェブサイトファクトリー」を認知している人が、アメリカ合衆国へ行った際に「ウェブサイトファクトリー」のサービスを使用したとします。日本とアメリカ合衆国の「ウェブサイトファクトリー」は、運営団体が異なるため、全く別のサービスが提供されてしまいます。これらの欠点を解決するために作られた屋号が「ウェブサイトインダストリーズ」です。その他にも、ウェブサイトファクトリーには多くの欠点があり、日本国内のみでのサービス展開を考えていたことから「.jp」ドメインを使用しているなど、運営を続けていく上でSEOなどに最適化されていない状態になっていると言えます。これらの問題を包括的に解決するために用いられた屋号が「ウェブサイトインダストリーズ」です。

もう少し掘り下げてまとめると、日本語のコンテンツは日本でのみ消費されることが想定されます。例えば、英語はアメリカ合衆国の他、カナダ、イギリス、オーストラリアなど様々な国で使用されますが、日本語は基本的に日本列島でのみ使われている言語です。したがって、日本語のコンテンツは、日本でのみ消費されるのだから、ドメインは日本人向けであることを示す「.jp」でよく、海外でも「ウェブサイトファクトリー」の屋号は使用されているが、日本でのみ活動するのだから「ウェブサイトファクトリー」という屋号を使って構わない、となり、「ウェブサイトファクトリー」という屋号を採用するに至りました。しかし、「ウェブサイトファクトリー」の運用を続けていくうちにアクセス数も徐々に増え、日本だけでなくアメリカ合衆国からのアクセスも確認できるようになりました。もしかすると両親や親族が日本人の方で日本語の読み書きが可能な日経アメリカ人の方や、日本人の方でアメリカに出張などしている方がアクセスしているのかなとも思いましたが、そうではなく、英語のネイティブスピーカーの方が当サイトのコンテンツを閲覧している可能性も考慮に入れれば、当サイトは英語圏の読者に最適化されていないため、これではまずい、ということで多言語サイトに対応すべく、「ウェブサイトインダストリーズ」を新たに開設することになりました。これが「ウェブサイトファクトリー」と「ウェブサイトインダストリーズ」の違いです。

ウェブサイトインダストリーズはアメリカ合衆国・日本の両国に最適化されたサイト

屋号の他に、ウェブサイトファクトリーとウェブサイトインダストリーズはターゲットとしているユーザーの国が異なります。ウェブサイトファクトリーは、日本国内のみの読者をターゲットとしていますが、ウェブサイトインダストリーズはアメリカ合衆国のレンタルサーバーと日本のレンタルサーバーを使い、米日の両国の読者に最適化されたコンテンツを発信します。

ウェブサイトファクトリーとウェブサイトインダストリーズのコンテンツの違い

ウェブサイトファクトリーは設立経緯でもまとめているように、もともとアフィリエイトブログとして運営されていたサービスではありません。当サイト開設当時はそれほど多くのアクセスも見込んでいませんでした。しかしながら、アフィリエイトブログとしてサービスを大々的に提供していくことに決定したことで、もともとSEO対策を想定していなかった当サイト上でSEO対策を行っていくということになりました。SEOに最適化されておらず、また多言語サイトとしても適切でないドメイン上でアフィリエイトサイトを運用していくことは適切でないと考え、ウェブサイトインダストリーズの開設に至っています。現時点でも、当サイト、ウェブサイトファクトリーには300記事ほどの投稿がすでにされておりますが、私たちにとってこれらはSEO対策の基礎研究のような記事だともとらえることが可能です。ウェブサイトファクトリーとウェブサイトインダストリーズでのコンテンツの違いは、ウェブサイトファクトリーは「SEOを意識するが、明確に効果がでるかどうかわからないコンテンツの掲載」を行い、ウェブサイトインダストリーズでは「明確なSEO効果が期待できるコンテンツのみの掲載」を行っていく予定です。これはこの文章を作成している2022年8月時点での予定であり、両サイトに掲載されるコンテンツについては変更される可能性があります。また、ウェブサイトファクトリーとウェブサイトインダストリーズでは、扱う記事のテーマも若干異なる予定です。ウェブサイトファクトリーでは、WEBやガジェットなど、ITに関連するテーマを取り扱いましたが、ウェブサイトインダストリーズでは、より収益性の高い記事の作成、例えば、生活雑貨などについて取り扱う可能性があります。

サイト管理に関する詳細

設立2020年3月31日
創立者・管理人早川裕貴
所在地〒104-0061
東京都中央区銀座1-22-11
銀座大竹ビジデンス2階
お問い合わせcontact@websitefactory.jp
関連サイトウェブサイトインダストリーズ

お問い合わせ